川魚問屋鶴長
美味しい食べ方
※ご注意 魚を焼いたりした後の網で鰻を焼きますと生臭さが鰻に移ってしまいますので、網はきれいな物をご使用下さい。
生串
皮のほうから焦げ目が付くくらいまで強めに焼き、次に身の方を軽く焼きます。 この状態を白焼きといいますが、蒸し器で蒸したほうが柔らかくなり、よりいっそう美味しくいただけます。

白焼で召し上がる
先の白焼きを蒸し器で10分ほど蒸します。 そのまま、わさび醤油、生姜醤油などをつけて お召し上がりください。 蒸すことによって余分な油が抜け、冷めてもかたくなりません。

蒲焼で召し上がる
蒸し上がった白焼きにたれをつけながら魚焼き網で両面をじっくり焼いてください。 この時、鰻が大変やわらかくなっており、串がはずれやすく、身がくずれやすいので、注意してください。 また、タレを付けるときははけなどを利用するとむらなくぬれて便利です。
生串白焼
当社通信販売でご購入頂いた生串白焼は生串を焼いただけの状態です。食べ方は生串の欄をご参考にして下さい。
冷凍長蒲焼・冷凍串蒲焼
アルミホイルに鰻を包み、フライパンに少量のお酒を入れ弱火で蒸し焼きのようにします。ふっくらとやわらかく焼きたての味と香りをさらに美味しく召し上がっていただくには、魚焼き網などでさっとあぶるようにするとますます香ばしくいただけます。(レンジでも温められますが、冷めたときにかたくなってしまいます)
冷凍蒲焼肝・つくね
冷凍のままたれを少しかけて電子レンジで温めるだけで、手軽においしく召し上がることができます。より美味しく召し上がるには、魚焼き網などでさっとあぶるようにするとますます香ばしくいただけます。